口コミで人気がある宅配クリーニングについて知ろう

女性

宅配クリーニングってどんなサービス?

宅配クリーニングはクリーニングしたいものを自分で運ぶ必要がありません。指定した場所に集荷に来てくれ、出来上がると指定した場所に配達してくれます。配達の時間が通常の店舗営業時間よりも長いことが多く、重宝します。

洋服

宅配クリーニングを利用するメリット

大きなものや一度に大量のクリーニングを依頼する場合には自分で運ばなくてもいいことは大きなメリットになります。またコンビニへの集荷や受け取りをうまく使うと24時間いつでも預けることや受け取りが可能な状態になります。

紙とペン

業者選びには口コミや比較サイトが参考になる!

大まかなサービス内容は業者のHPなどで集められます。比較サイトも参考にすると各社の際立った違いを理解できます。実際に利用した人の口コミも貴重な意見です。嘘ではないにしろ、いまいちな点がでてきたりするのは口コミが元になることが大半です。

宅配クリーニング業者が行なっている人気のサービスランキングベスト5

洋服
no.1

送料が無料になる

宅配で依頼をしているので当然送料はかかりますがそれをクリーニング業者側が負担してくれます。無条件ではなく金額や点数の一定の条件をクリアしたときに適用されることが多いのでチェックしておきましょう。

no.2

まとめてあずける

5点でいくらなど、まとめることで1枚当たりの金額が安くなるケースがあります。ワイシャツやニットなど普段頻繁に使うものはまとめて依頼するとお得です。

no.3

一律料金で預ける

所定の箱や袋に入る分は一律料金でクリーニングをしてくれるサービスもあります。ワイシャツだけなど種類に限定されず、出したいものを出せるので便利です。

no.4

コンビニで受け取る

自宅への配送ではなく、希望のコンビニに持っていって集荷とし、完了後はコンビニに取りに行く形にもできます。深夜でも営業しているコンビニならいつでも受け取りが可能です。

no.5

保管も依頼する

クリーニングから戻ってきた服を置くところがないからと言って適当に保管してはいけません。家の中で置き場所を探すくらいならそのままクリーニング店に預かってもらいましょう。

料金を比較することが大事

クリーニング料金が安くても送料や手数料を考えると結局割高な業者もあります。会費を払っての会員制サービスも一定回数を重ねるとお得になります。自分の利用イメージに沿った料金体系でお値打ちなものを選びましょう。

ドライクリーニングとウェットクリーニングの違いをチェック

水洗いできない時

専用の有機溶剤で洗浄するドライクリーニングは水洗いすると型崩れを起こしたり縮んだりする服に向いています。

水溶性の汚れの時

食べこぼしや水性インクは水になじませて洗う方がしっかり落ちます。水溶性の汚れには水洗いが効果的です。

クリーニングの種類もしっかり把握すべき

服の素材、汚れの種類によって必要な処置が異なります。ドライかウェットかはもちろん、染み抜きが別途必要かなどが判断できるようにしましょう。カウンターのない宅配クリーニングは汚れの状態を自分で見て依頼するしかありません。

サービスを活用して負担を減らしたい方におすすめ情報

男性

保管サービスについて

クリーニング店にそのまま服を預け、クローゼットとして利用することができます。冬用の厚手の服を依頼するだけでも、自宅のクローゼットはだいぶ軽くなります。

もっと見る
男性

サービス利用のメリット

店舗の営業時間に関わらず、集荷と配送の業者と話がついていれば朝早くや夜遅くも運んでもらえます。東京都心などの大都市圏は23時ごろまで受け付けてくれるところもあります。

もっと見る

[PR]
宅配クリーニングの口コミを見てみよう☆
ママに嬉しい情報が満載♪

[PR]
東京の宅配クリーニング業者を厳選紹介
サービス内容を徹底比較☆

[PR]
家事代行サービス業者を利用しよう
自分の時間が簡単に作れる☆

広告募集中